プロ棋士は「AIに奪われる職業 No.1」か?

僕の意見を書いておきます。

論点としては、コンピュータより弱いプロ棋士の存在価値を疑っているということだと思うんだけど、僕はまだまだ存在価値は残っていると考える。

理由は2つ。一つは解説者としての役割だ。コンピュータ将棋がもたらした一つの大きな変革として「評価値」の誕生があげられる。近年はインターネットを通じて各種棋戦の生中継が行われることが多くなったが、この評価値が生まれたことによって、将棋のドラマチック性が大きく増して、より魅力的になったと感じる。

評価値のなかった時代は、解説者の漠然とした優劣判断だけが一般視聴者の将棋観戦における拠り所だったわけだが、現在の局面を定量的に評価できる評価値が画面上に表示されるようになってくると、一般視聴者は評価値の上下によりつぶさに優劣を判断できるようになった。評価値の急転直下により、大逆転なんかが起ころうものなら、インターネット中継のコメントには悲鳴があふれかえる。

評価値は将棋をドラマチックにしたと申し上げたが、評価値だけあればよいというものでもない。評価値によって生まれた一喜一憂を視聴者とともに共有・共感してくれる解説者が必要だ。その解説者は、将棋素人では当然だめで、コンピュータの予想手や評価の判断基準を低級者でもわかるようにわかり易く解説できなくてはならない。この役割の担い手としてはプロ棋士が最適だろう。

私は熟練のプロ棋士がコンピュータの予想手を見て、これは人間には指せないねぇー、とか、なんとそんな手がありますか!というように驚嘆する場面をみると一気にテンションがあがる。一生懸命頭を捻って考慮している手番の棋士の頭のなかにその手が見えているのか、私は想像する。もしコンピュータの最善手を指すようなら拍手が起こるし、とんでもない悪手を指してしまえば悲鳴の嵐だ。どちらにしてもプロ棋士が解説者として存在していてくれるからこそ、視聴者はリアルタイムで感動を共感できる。

プロ棋士のもう一つの存在価値。それは、タレント性だ。これもインターネットによる将棋放送充実に起因しているが、プロ棋士の指す将棋の内容だけではなく、人柄やキャラクターが際立つようになってきている。これが将棋観戦をさらに面白くしていると感じる。昔は棋士が何のお菓子を食べるかなんて興味がなかったし、昼食に何を選択するかなんてどっちでも良かった。仲のいい棋士同士からでてくる何気ないエピソードや、生中継中の雑談、ネタや特技の披露、師弟関係にある棋士の会話のぎこちなさ等々、将棋の内容以外のコンテンツでも十分に楽しい。

最近ではフットサルや、人狼ゲームなど、将棋とは全然関係ないコンテンツにもプロ棋士が「タレント」として参加するようになっってきた。若くて美人の女流棋士の中には、CMや雑誌で取り上げられている人もいる。プロ棋士がタレント性を持った今、棋士という職業はしばらくは安泰といってもよいだろう。

もちろん、無名の若手、キャラクターが確立されていない影の薄い棋士にとっては、風通しが悪いところもあるだろう。彼らがAIに職を奪われないようにするためにも、将棋連盟は、将棋人口の拡大、特にグローバル展開と女性ファンの拡充にもっともっと力をいれてほしい。1ファンとしてお願い申しあげたい。

人間に勝つコンピュータ将棋の作り方
瀧澤 武信 松原 仁 古作 登 橋本 剛 小谷 善行 鶴岡 慶雅 山下 宏 金子 知適 保木 邦仁 伊藤 毅志 竹内 章 篠田 正人
技術評論社
売り上げランキング: 148,037

竹下家その後

フジテレビ不朽の名作ドキュメンタリー「漂流家族」。この連休で10回ぐらい見た。

続編は放送されないということらしいが、とにかく気になって調べてみた。

竹下家

恵美
https://www.facebook.com/megumi.takeshita.71

望美
https://www.facebook.com/nozomi.takeshita.524
定時制に行ったあと佐川急便
成績表
https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fnozomi.takeshita.524%2Fposts%2F1405412606337769%3A0&width=500

愛美
https://www.facebook.com/manami.takeshita.5
結婚して姓が変わっている?

親父さん1

元気そう
https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fmanami.takeshita.5%2Fposts%2F588610661221270%3A0&width=500

親父さん2
トラック運転手?
https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fmanami.takeshita.5%2Fposts%2F525621527520184%3A1&width=500

親父さん3
元気そう
https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fmegumi.takeshita.71%2Fposts%2F276142575849565%3A0&width=500

秀美
病気になってしまったらしい。
https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fnozomi.takeshita.524%2Fposts%2F1538665426345819&width=500

桜庭さん
牧場を続けている。
ロボットを取り入れた先進的な牧場経営で注目されている。
http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/ss/nkc/topic/h27/kouiki/150423nanb.htm

桜庭農場の位置

旧竹下家は桜庭農場の目と鼻の先だった!

YouTubeスクショ
takeshitake

StreetMap

位置関係

Screen Shot 2016-05-06 at 16.06.28

 

あれだけの名作ドキュメンタリーは今後出てこないんじゃないだろうか?

お母さんのその後も知りたいところです。

漂流家族

ロンドンの公園で詐欺に遭いかけていた

なにげにネットサーフィンをしていて以下のブログに辿り着いた。

http://blogs.yahoo.co.jp/cookietoyboy/32227191.html

なんと。全く同じシチュエーション。場所は公園で、相手はブラジル人のおっちゃんだし、ブラジルの紙幣を見せられて、日本の紙幣を見せるところまでは全く同じ。5000円を出して、別のやつを見たいって言われたけど、それ以外の紙幣は持っていなかった。

多分無事に返してもらったと思うけど、正確に覚えてないなあ。

今考えると、お金を見たいって不自然だけど、その時は会話の流れで全く不自然さがなかったし、会話が終わって別れたあとも、ああ、いいおっちゃんだな、現地で良い交流が出来たな、といい思い出しか残っていなかった。

そういえば、5000円の樋口一葉を見て、これは誰と聞かれたけどうまく答えられなかった。改めて調べたら小説家なのでnovelistかfiction writer とでも言っとけばよかったのか。英語の勉強にはなったな。

何事も経験。向こうから声をかけてくる奴は要注意ということ。

Galaxy SからPriori2へ移行失敗メモ

Galaxy SからPriori2へ移行しようとして失敗したその経緯をメモります。

Priori2を買ってSIMカードを入れ替えるだけで、DOCOMOの3Gは認識できた。ただこれだけではネット(データ通信)が出来ない。ネットを使えるようにするには、moperaサービスを契約する必要がある。

moperaはMy Docomoのオンライン手続きで比較的簡単に契約でき,APNとしてmoperaを選ぶだけでネットが繋がるようになった。

次の難関が強敵だった。それは、キャリアメールの移行。

Galaxy SではSP モードメールというのを使っていたが、Priori2でキャリアメールを受け取るには、IMAP(ドコモメール)というのに変更しないといけない。このドコモメールへの変更というのが難関すぎ。

ドコモメールへの手続きは、https://www.nttdocomo.co.jp/service/docomo_cloud/docomo_mail/multi_device/index.html に詳細が記載されているが、この「STEP 2 ドコモメールのdocomo ID利用設定を有効にする」がどうやってもうまくいかない。

試行錯誤1

最初は、Priori2からやろうとしていたが、Wifi接続状態でDocomo IDを利用して認証してしまうとこの設定画面に辿り着く前にエラーになってしまう。調べてみると、WifiをOFFにして3G回線で接続しないとこの設定画面に辿りつけないらしい。

試行錯誤2

そこで、Priori2上でWifiをOFFにし、3G回線をONにして繋いでみたが、どうも、ほかのサイトで紹介されているような画面がでてこない。更に調べると、どうもその画面に行くにはDOCOMOの契約端末じゃないと行けないらしい。

試行錯誤3

そこで、Galaxy Sで同じ画面に行こうとしたが、ここでネットワーク暗証番号とやらが試行回数エラーにより、ロックがかかった状態になっていることが判明。

試行錯誤4

そこで、ドコモショップに行き、ネットワーク暗証番号を解除してもらう。

試行錯誤5

ネットワーク暗証番号解除後、Galaxy Sにて、先ほどのSTEP2の手続きを進めていると、SPモード暗証番号というのが必要ということがわかった。いくつか思い当たるものを入れてみたが認証できず。

試行錯誤6

SPモード暗証番号は、オンライン手続きから再発行出来た。何個も何個も暗証があって、よくわからん仕組みだ。やっとSTEP2を進められるとおもい、「docomo ID利用設定の確認/変更」というボタンをタップ。そしたら、次のメッセージが出てきてしまう。
『現在「利用しない」に設定されてます。
docomo ID 利用設定を行うにはドコモメールが
利用されている必要があります』

???

試行錯誤7

ドコモメールというアプリが必要なんだろうと思い、Galaxy Sに入れようとしてみるが、どうやっても入らないというか、アプリのダウンロード画面に行けない。

試行錯誤8

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14129725724

というサイトに行き当たる。いやな予感。

http://juggly.cn/archives/98197.html

をみて、APKダイレクトでインストールを試みるも失敗。Androidのバージョンが問題らしく、ドコモのサイトにも以下の記述を発見。

http://id.smt.docomo.ne.jp/src/appli/pc/compatible.html

もはや、キャリアメールを使い続けるなら、Galaxy Sのままで行ったほうが楽な気がしてきた。


なんとかしたいが、とりあえず現状維持でいって、Galaxy Sが使えなくなったら、キャリアメールを捨てる感じにしようかな。困ったなー。月に数通はキャリアメール来るからなー。通知がだるいんだよね。かと言ってSPモード契約でメアドって勝手についてくるからそれだけOFFれないんだよね。

電王戦ソフト開発者の指向についての分析

今回の電王戦をみて思ったのだが、開発者の目指しているベクトルが全く別向きですね。

ベクトルというのは、ソフト開発における態度、夢、勝ち負けのこだわりとかいろいろなものを含みます。今回のPVである電王戦への道も含めてすべて見てきた私の意見をちょっとまとめてみます。

平岡氏(Apery)
貸出反対派。勝負へのこだわりは強い。ソフトに対する思い入れが強く、開発者自身による投了を選択しないなど、求道精神は強い。巨勢さんの投了についても一定の理解を示している。一方、ソフトをオープンソース化するなど、意外な一面を見せる。

西海枝氏(Selene)
貸出については中立派。勝率にこだわらず、定跡をランダムに選択するなど、勝ち負けについてはそれほどこだわっておらず、達観している雰囲気。自らの興味、技術力の向上のためにソフトを開発。方向性としては磯崎氏に近い。

磯崎氏(やねうら王)
貸出賛成派。趣味でソフトを開発。1年で2週間しか時間をとらない。人間がいかに末永く楽しめるソフトを作るのか、ランダム性をいかに組み込み、ハメ手にはまらないようにするのかがこれからの研究課題。

山本氏(ponanza)
ソフトの強さに絶対の自信を持つ。昔は貸出否定派だったが、現在は容認派。羽生さん以外の人間との戦いには興味が無いようだ。「病的な負けず嫌い」

巨勢氏(AWAKE)
貸出については中立派。元奨励会員。人間の棋力の向上にいかにソフトが向上できるか、というところに強い執着心を持っており、純粋に正々堂々戦う将棋道を追求している。勝ち負けにはこだわっていない。

これを、勝利へのこだわりと求道精神という2つの軸で分類して図示すると以下のようになるかと思います。

Screen Shot 2015-04-12 at 11.30.21

僕は、将棋界と格闘技界を対比することが多いんですが、かつて格闘技界がそうだったように、なんでもあり、バーリ・トゥードで単純に強いものが正義、という世界に一旦到達してしまうと、あとはベクトルの方向性の違いにより、ゆるやかに分岐が始まっていくものと見ています。

どちらかが生き残る、どちらかが死ぬという世界ではなく、レギュレーションによって明確化された線引の中で、両者がうまく共存する、双方の領域を脅かさない形で進化していくと思います。

私は、かつてのKー1やプライドのように、電王戦も縮小路線に向かう気がしています(建前上はFINALですが)。かつ、ガチではなく、どんどんエンタメ方向、お客さんに楽しんでもらう攻防が繰り広げられる方向性に向かうでしょう。

もちろん、ガチはガチで生き残ります。こちらは、COM VS COMの世界に道を切り開くしかないと思います。

もう少し考えがまとまったら、またブログ起こします。

ルポ 電王戦―人間 vs. コンピュータの真実 (NHK出版新書 436)
松本 博文
NHK出版
売り上げランキング: 55,545

はまりやすい確率の勘違い

長尾三郎著『無酸素登頂8000m 14座への挑戦』中に以下の記述あり。

「小西さん、怖くないですか?」

「何が怖いの?」

「毎年八千メートル峰に無酸素でトライするということですよ。」

「そりゃ怖いよ。怖いけど俺は登りたいし、俺の生きる道だから」

「そういうことじゃなくて、確率の問題ですよ。毎年八千メートル峰に行けば、いつか必ず(死に)ハマるんじゃないですかねえ。高所登山の死の確率が一回三%なら、小西さんが十回行ったら三十%の確率で死ぬことになる」

これは、よくやってしまいがちな確率計算の脊髄反射。独立事象の確率を単純に足していくのは意味が無い。

この場合、10回行って死なない確率をベースに考えるとわかりやすい。一回行って死なない確率は97%(97/100)だから、10回連続で死なない確率は(97/100)の10乗である。計算すると約0.74になる。したがって10回行って死ぬ確率は

1-0.74=0.26。26%って本の中に出てきた30%とあまり変わらない気がするが、計算方法はしっかりと理解しておかないといつか足元をすくわれる。(しかし、致死率26%って言えば相当リスキーだな。高所登山は自殺行為なのかもしれない。)

同書によるとメスナーは、34回トライして死んでいないということだが、34回トライして死なない確率は、約36%。つまり、ここまで来ると死ぬ確率のほうが逆転して高くなってしまうのである。メスナーが超人と呼ばれる理由が確率上の数字からも見えてくる。

Ponanzaの推定レーティング

以下の村山さんのコメントを真に受ければPonanzaの推定レートは以下の通り。

推定レート:2011~2024

【前提】
村山さんの現時点でのレーティング:1716
村山さんのPonanzaに対する勝率を15%と仮定
以下のメソッドを使用。
https://terazent.wordpress.com/2013/03/19/gps%E3%81%AE%E6%8E%A8%E5%AE%9A%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A8%E3%83%97%E3%83%AD%E6%A3%8B%E5%A3%AB%E3%81%AE%E5%8B%9D%E3%81%A1%E7%9B%AE/

JALはごねれば便変更可能

羽田のJALのカウンターで手続きをしていたところ、となりのカウンターに若くて多少恰幅の良い男性がつかつかと入ってきた。話を聞く限り彼は、登場予定だった飛行機に乗り遅れたらしく、チケットを別の便に振り替えたい模様だ。

しかし、カウンターの若い男性職員が言うには男の持っているチケットは、別の便への振替ができないもので、希望の便に乗りたい場合、普通料金を払って登場する必要があるらしい。

この男、黒縁のメガネを掛けて、短パン、キャリーバッグを引いている、少しちゃらめの風貌だが、簡単には引き下がらない。以前、同じチケットで乗り遅れたことがあるらしいのだが、そのときはそのまま別の便に振替ができたとのこと。なんで、その時に振替ができたのに今日はできないのか、その理由を説明しろ、と若い職員に食って掛かる。抱えてきた荷物を置棚に置く姿は、長期戦を想定しているようだ。

一個奥の隣のカウンターの女性職員が若い男性職員のヘルプに入る。「規定で振替はできないんですよ。」「以前のことは申し訳ないがわからない。」

男は繰り返す。どうも寝坊したようだ。JAL側の責任であればまだしも、自己都合であれば通常振り替えは許されないはず。「振り替えできないことは分かったが、なぜ以前出来たのに今回できないのか、その理由を説明しろ」これは彼の生命線だ。

僕の手続きはなんかすごく時間がかかっていたため、10分以上そのやりとりを聞いていた。果たして結末はどうなるのか。。。

ーーー

僕の手続きが終わったみたいで、説明を受けていたため、聞き漏らしたところがあるが、最終的にはなんと、JAL側が折れたようだ。女性職員が繰り返す「今回に限り」「今回だけ」・・・・

俺は思った。えーーー。許すのかよ。これじゃあ、規定もへったくれもないな。あの男普通運賃まるごと設けやがった。10分で4〜5万の損失を防いだことになる。

結論、JALはゴネ得できる。特割でもゴネれば便変更可能だろう。

I got banned as an Amazon Associate from Amazon.fr

It‘s rainy.

 

Yesterday, I received an air mail. It was written in French. At first I thought it could be from a French company from which I purchased a one-year subscription service via Internet.  But in short I figured that it was actually from Amazon.fr and that it enclosed a check issued by Paris branch of Deutsche Bank.

 

I was puzzled by the situation. Why did they send this? I didn’t find a reason.

 

Then I searched my email archive and found a clue.  There was an email from Amazon.fr which says:

 

Bonjour,

Nous vous remercions pour votre participation au Programme Partenaires d’Amazon EU.

Nous sommes au regret de vous informer que nous avons pris la décision de clôturer votre Compte Associates Amazon EU ayant l’Identifiant Associates Partenaire ******* et de mettre un terme aux Conditions Générales d’Adhésion du Programme Partenaires d’Amazon EU nous reliant, avec effet à compter du 10 mars 2014.

Merci de retirer de votre site tous les liens redirigeant vers le Site Amazon, toute Marque Amazon, tout autre Contenu ainsi que tout autre élément qui vous ont été fournis ou rendus disponibles par nous ou en notre nom dans le cadre des Conditions Générales d’Adhésion du Programme Partenaires d’Amazon EU ou en lien avec le Programme Partenaires d’Amazon EU.

Toute éventuelle rémunération publicitaire restant dû sera payée environ 60 jours après la fin du mois calendaire de la résiliation. Veuillez noter que vous continuerez à recevoir vos rapports et autres informations par email pendant que votre paiement sera en attente de versement.

Pour nous contacter, merci d’utiliser ce formulaire
https://partenaires.amazon.fr/gp/associates/contact

Nous vous remercions pour votre participation au Programme Partenaires d’Amazon EU.

 

Thanks to online translation service offered by Google, I could understand the content.  I don’t know why they banned me as an Amazon Associate. There is no explanation.  It was so abrupt that I was confused and got upset.

 

PC遠隔操作事件の真犯人は将棋ファン

現時点では、真犯人が誰かわからないが、間違いなく将棋ファン(将棋通)だ。理由は以下。

1.真犯人からメディアへのメールに、「あ。真犯人です
→森内竜王名人の「あ、負けました」

2.犯人が送りつけてきたパズルに「将棋世界」という将棋雑誌に掲載された詰め将棋問題が転載されていた
→http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1363385796/979

3.真犯人からのメールの差出元がonigoroshijuzo2014@yahoo.co.jp
→鬼殺しは将棋の奇襲戦法の一つ