全日空遅延の訴訟で乗客敗訴 「障害は予見困難」

裁判長GJ。
これがまかり通るんなら、多くの人に影響を与えるコンピュータシステムなんてリスクが高くて使えないよ。本当に重要な研修会に行かなければ行けないのなら前泊するか、飛行機以外の代替手段を用意しておくべき。
 
それにしても2003年の事件をまだやってるなんて・・・。
 
 岡本岳裁判長(転勤のため森邦明裁判長が代読)は判決理由で、航空会社が負うのは定刻運航を実現する「結果債務」ではなく、定刻運航のために最善の努力をする「手段債務」にとどまると指摘、「システム障害は予見困難で、安全面の配慮から遅延はやむをえなかった。ダイヤ復旧に努めた被告に過失は問えない」とした。
 
神戸新聞|全国海外ニュース|社会|全日空遅延の訴訟で乗客敗訴
http://www.kobe-np.co.jp/knews/0001833981.shtml
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: