内部統制テスト時のサンプリング数25件について検証

内部統制テスト時のサンプリング数は、日常的に発生する業務であれば25件必要とされている。このことについて、前回のエントリで書いたExcelのBETAINV関数を使用して検証してみた。

要求信頼度90%で、サンプル中に発見されるエラーが一つもないと仮定した場合の上限逸脱率は以下のようになる。

サンプル数 20 21 22 23 24 25
上限逸脱率 0.108749 0.103849
0.099372
0.095264
0.091482 0.087989

上限逸脱率をどこに設定するかによって変わってくるが、10%未満に設定するのであれば、最低22件、9%未満に設定するのであれば最低25件必要ということになる。 一般的な資料では、後者が採択されているため、24件ではだめで、最低25件のサンプリングが必要ということになっているようだ。

ちなみに、要求信頼度95%で、発見されるエラーが0のときの上限逸脱率の表は以下のようになる。

サンプル数 27 28 29 30 31 32
上限逸脱率 0.105019 0.101466 0.098145 0.095034 0.092114 0.089368

この場合、上限逸脱率を10%未満にするには、最低29件、9%未満にするには最低32件のサンプリングが必要になることが分かる。

下の本が参考になる。

Q&A監査のための統計的サンプリング入門

Q&A監査のための統計的サンプリング入門
富田 竜一

金融財政事情研究会 2007-11
売り上げランキング : 7147
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: