二代目つじ田のスープに変化

小川町二代目つじ田に行った。
 
2週連続で行ったが、端的にいうと数年前に比べて味が落ちている。スープが薄くなった。2週連続で行ってラーメンとつけ麺を食べたので、これは明らかだ。
 
以前までなかった「薄いと感じたらスープを追加してください」というテプラがカウンターに貼ってあったので、おそらく意図的に行ったものだろう。
 
味が変わった理由はわからないが、おそらく大衆化の弊害だと考える。麺とスープの通信販売も始めたみたいだし、以前の癖のある濃いだし汁は大衆向けではないと判断されたのだろう。あの濃すぎるかと思えるぐらいのスープが独特で良かったのに、それを捨ててまで大衆化にこだわる必要はあるのであろうか?
 
味が変わったことと関係があるかどうかわからないが、普段は人が並びすぎていて入る気がしないつじ田に並んでいる人が2週連続で少なかった。人気も落ちているのだろうか?
 
あと、変わったことばかりになるが、BGMも変わったようだった。
 

TV・雑誌などのメディアでもひっぱりだこの行列有名店のつけめんがご自宅で!めん徳二代目つじ…

Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: