Audiodg.exeが大量にメモリを消費する

昨晩気づいたのだが、AUDIODG.EXEというプロセスが大量(600MB以上)にメモリを消費していた。Windows Media Playerとか音を出すようなアプリケーションはまったく起動していないので、変だなと思って調べてみた。
 
このプロパティの中に「システム効果音を無効にする」という設定があるのでそれにチェックを入れるとハンドルリークが収まるようになりました。
 
あゆちんといっしょ Audiodg.exeのハンドルリーク
http://ayuchin.blog11.fc2.com/blog-entry-610.html
 
とあったので、いろいろ探してみたが、上の設定は見つからず。うちの環境では以下の対策をとりあえずやっておいた。
 
しかし、不運にも、AudioDG プロセスにより、大量の CPU (メモリ) が消費されている現場に遭遇した場合には、次のような対策を講じることができます。
  • コントロール パネルのサウンド ユーティリティを起動し、[再生] タブをクリックします。
  • 再生デバイス (おそらくスピーカー) を選択し、[プロパティ] をクリックします。
  • [拡張] タブをクリックします (使用中の再生デバイスにはオーディオ処理オブジェクトが関連付けられていない場合、[拡張] タブは表示されません)。
  • チェック ボックスの設定を変更して、一部の (または、すべての) 拡張機能を無効にできます。既に説明したように、拡張機能は、オーディオ処理オブジェクトに付けられた単なる親しみやすい名前です。[すべての音の明瞭化設定を無効にする] チェック ボックスは、すべての拡張機能を無効にするマスタ スイッチの役割を果たします。
 
Windows 秘話: Windows オーディオが暴走するとき
http://technet.microsoft.com/ja-jp/magazine/2009.06.windowsconfidential.aspx
 
さて、どうなるか。というかバグじゃね?MSとサウンドカードベンダーがどろのなすりあいをしてるのか?
 
 

【メール便3個まで210円】期間限定特価!GREENHOUSE(グリーンハウス)microSD対応 MP3プレーヤー…

Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: