一匹の子羊

ちょうど一年前、サウジアラビアに行ったときの思い出がふとよぎった。
 
大きな天然の岩を削ってできた古代遺跡のマダイン・サレに行った後、いったんホテルに戻った。そうしていると、現地ガイドの男性がその近くの町出身で、両親が農場を経営しているので、ちょっとよっていかないか、という話になった。当然興味ありありなので、複数の車に分乗してその農場に行った。
 
土地柄、農場の規模も大きい。大きなナツメヤシが何本も整然と栽培されているのは本当にスケールのでかさを感じた。しかもちょっと行けば世界遺産がある場所だ。
 
そこでは、農作物だけでなく、羊も飼育していた。子羊だけが集められた飼育場(これも結構な広さだ)があり、その中に入れてくれた。飼育場といっても、小屋で飼育しているわけではなく、屋外で小さめの放牧をしている感じだ。
 
僕たちがそこに入ると、当然ながら子羊たちは柵の一番奥のほうにさがり、こちらをじっと凝視して警戒している。子羊は全部で100匹弱ぐらいいただろうか?やつらはみんなとにかく人間にびびっているようだった。ちょっとでも近くに行こうものなら、いっせいに逃げ出し、中には岩の上にまで無理してのぼり、バランスを崩しているやつもいた。
 
しばらくの間、人間が遠くから羊を観察する均衡状態が続いた。
 
 
 
そのうち、一匹の子羊が何のけなくひょこひょこと集団から抜け出して、こっちに向かってきた。黒い子羊だ。逆にこっちが驚いたんだけど、そいつは自分自身で僕らの真ん中にやってきた。人間は20人ぐらいいたけど、みんな(とくにおばさんがた)そいつのかわいさにやられてしまったんだ。手を出してなでても怖がる気配もなし、抱きかかえても問題ない。まあ、当然のことながら写真大会になった。
 
別の羊たちは相変わらず、一番奥のほうからその光景を眺めていた。
 
同じ飼い方をしていて、ここまで極端に性格に差が出るのはいまだに信じられない。あいつどうなったかなあ?
 
ホットカーペットカバー 子羊のような手触りラグ ベージュ 185×240cm  ホットカーペットカバー 子羊のような手触りラグ ベージュ 185×240cm 

none
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: