久保利明の大ポカ

 

第59期王将戦第5局の113手目の疑問手▲5六桂を▲3五桂としたらどうなるかについて検証してみた。
 
検証内容: ▲3五桂と指した局面以降をK-shogi の上級以上同士で戦わせる
結果:▲11勝△5勝
 
なんと、シミュレーションでは、先手(久保)が勝つケースのほうが多かった。つまり、実戦の113手目の▲5六桂はともかく最悪で、3五桂だったら、優勢になった可能性も十分あるということだ。
 
なぜ、▲5六桂のような形づくりにこだわったのか?久保はここで勝ったら、王将位獲得だっただけに、勝負師としてはまさに大ポカをこいたといえるだろう。悔やんでも悔やみきれない。たぶん昨日は悔しくて寝られなかったんじゃないか?
 
まあ、久保はあと1回負けられるので、今後どこまで開き直れるかがポイントとなる。
 

将棋:第59期王将戦 第5局 羽生王将、久保棋王の話

 ◇自信のない展開で--羽生王将の話

 受け身になって、ずっと粘っている感じで、自信のない展開でした。5六桂(113手目)で3五桂とされると、わからなかったですね。

 ◇快調そうだったが--久保棋王の話

 攻めが快調そうに見えましたが、少し重かったかもしれません。3五桂でも少し負けそうと思いましたが、実戦よりはよかったですね。

 

http://mainichi.jp/enta/shougi/news/20100312ddm041040061000c.html

 
 
大油断―世にもウッカリの人々 大ポカは身の破滅! (KAWADE夢文庫)
河出書房新社
売り上げランキング: 1613917
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: