概算見積もりは大きめに

これまであまりできていなかったが、不確定要素の高い概算見積もりの段階では正確性を期すよりも大きめに工数を算出すべきだ。後で小さくなるのは問題ないが、逆だと印象が悪くなる。

これは、ITプロジェクトに限らずだ。
Google検索を参考にしてほしい。

1ミリシーベルト基準の意味について逃げずにぶつかるとき

以下のブログには、1ミリシーベルトという現在の国の基準で1万人の人が被曝をすると、そのうち4人が癌で死ぬ、という記述がある。この記事の中では、20ミリシーベルトへの被爆限度引き上げ方針については批判しているにもかかわらず、もともとの1ミリシーベルト基準についての言及はされていない。

1万分の4のがんによる死のリスクは許容せざるを得ないという意見があるのであれば、逃げずに議論してほしい。

小出裕章が批判! 被曝限度「1mSv以内」を「1〜20mSv」へ変更提言。20mSv被曝で子供の癌死80倍の1万人中320人 10/5

以下のエントリでも書いたけど、安全と危険の閾値はかなりあいまいである。要は法律としての決めの問題であるが、国民感情を含めてうまい説明をできる人はいないのか?

一ミリシーベルトの意味

ゲップ出しマシーン

雨。

今日初めて人間ドックにいった会社の同僚の話。

彼は、X線検査の最後に出てくるお腹を押し付けるアームみたいなやつをゲップを出すための機械だと思っていたらしい。

何千何万という人があの機械で強制的にゲップを出される姿を想像して思いっきり吹いた。

일다운 일

오늘도 시원했다.

입사하고나서 처음 일다운 일을 했다. 지금까지는 같은 부서 사람과만 일을 했었지만, 오늘은 고객의 희망을 실현하기 위해 기술 정보를 찾았거나 , 실제로 검증했거나 해서 제안 대답을 만들었다. 재미있지만 아직 지식이 모자라서 힘들다.

Worst lunch ever

It is cool. Feels like the air is clear.

Today I had the worst lunch in my life.

After the departmental meeting, I went out for lunch with some colleagues as usual. While we were walking down the street, one of us found a sign board of this buffet style restaurant and we decided to try it.

They provided us with a cup of rice, miso soup, a curry-flavored hamburger and some side dishes on the counter. To our surprise, ALL the dishes were extremely awful. I have never eaten such bad-tasted lukewarm miso soup with too much wakame seaweed. I gave up to eat the soup leaving almost all of it remained. How could they make such bad rice. All of us had the same impression.

In addition to that, one of us felt a solid something in his mouth while eating the hamburger. He picked it out from his mouth and found it was a fragment of stone! He kept groaning saying that he had a pain in his belly after we came back to the office.

We have a plenty of restaurant around our office. We sometimes “explore” new places to eat like today. Unfortunately, today’s adventure ended up as failure, but this is also a good experience. We will never go to that place again, and we will go out for our next adventure sometime soon.

For your reference, this is the restaurant we went today. http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13107809/

1ミリシーベルトの意味

現行の安全基準である年間1ミリシーベルトでも浴び続けると、癌になるリスクは上がる。統計上、安全ゾーンと危険ゾーンの明確な閾値はない。要は、どこまでのリスクを受け入れるかという話だ。内部統制の評価とよく似ている。リスクは0にはできない。

年間20ミリシーベルトの暫定基準を撤回しろといい続けている人たちは、1ミリシーベルトは許容しているのだろうか?

この手の議論をする際は、確率統計や社会学、法律学、心理学といった幅広い知識が必要だ。感情論だけで話をしてはいけない。

以下、http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-52.htmlからの引用である。

6 「安全基準」には科学的根拠がない:1ミリシーベルトでも人は死ぬ
→ 私たちは年間約100ミリレム(1ミリシーベルト)の自然放射能を大地や太陽から浴びている。しかしこの年間100ミリレム(1ミリシーベルト)という値は7年間その量を浴び続けると125人中1人が癌を発病する値である。
→ Nuclear Regulatory Commission(米原子力規制委員会)は何の科学的根拠もなく、一般人は自然放射能100ミリレム(1mSv)に加えて人工放射能も100ミリレム(1mSv)までは浴びられるといった限界値を作った。要するに年間200ミリレム(2mSv)まで安全だと言えるようにした。

また、http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/3be6266051be814bf5448f50834ae1b2によると
ウクライナのルギヌイ地区では1ミリシーベルトという安全基準を厳格に守っていますが、以下のような健康被害が出ているそうです。

  • 感染症の増加、長期化
  • ガンの第3期から4期にある人の平均余命が、胃がんで60ヶ月だったものが、1992年には8ヶ月に落ちている。肺ガンでは40ヶ月→8ヶ月→2.3ヶ月
  • 新生児の病気にかかる率や、先天性形成障害、精神神経的障害の増加
  • 平均余命に関して、1985から1990、1992年で男性の死期は15年近く短縮し、女性は5年から8年短縮している。
人体実験をしろというわけではないが、放射線被爆と健康被害についての因果関係をしらべるいい機会である。関係省庁、研究者におかれては、しっかりとした指標を長期間にわたって取得するシステムを構築してほしい。後世において、重要な参考値のひとつとなるであろう。
1ミリシーベルトの呪縛 (エネルギーフォーラム新書)
森谷 正規
エネルギーフォーラム
売り上げランキング: 494,035

Was it successfully released?

Cool autumn weather.

October started. Today was supposed to be the very day of cut-over of the project which I had been involved in when I was at the previous company. Since I changed companies, I don’t know whether the project actually ended successfully or not. However, I’m really concerned about the status because I myself conducted interview to the customer, software designing and testing.

It was about 2 years ago that the project started. I had a very hard time managing it, but it now comes back as a good memory. Many things happened to me and the project.

On the one hand I regret that I couldn’t be involved in that to the end, but on the other I’d like to think nothing lasts forever even for IT projects. I want to say thank you to many people who supported me while I was there and someone who took over the remained tasks for me.