電王戦の設立について思うところ

大晦日だがいろいろ書いておきたい。

電王戦の設立については、関連各者に拍手を送りたい。特に、第2回、3回と後の対戦も見据えていることと、コンピュータ将棋選手権の結果を踏まえて、ソフトの選出をするという他団体?とのコラボレーションを確立しているという点で評価をしたい。

あとは収益化といったところが課題だろうが、これはハードウェアメーカー、メディア等とのスポンサースキームを作って、対局者、将棋連盟、ソフト制作者、メディアの各者に利益があるようにしていただきたいものだ。Deep BlueはIBMの知名度に相当貢献したのがいいモデルになるだろう。

米長会長が勝つのは難しいだろうけど、どちらが勝っても今後の展開が楽しみだ。将棋人口がもっと増えてくれるといいな。

会長がんばれ。

Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: