柳条湖に湖はあったのか?

柳条湖事件で有名なあの柳条湖について考察してみたい。

1.柳条湖とはどこにあるのか?

まずは、百度地图で検索してみた。

画面上の①が柳条湖街、②が柳条湖橋だ。

ここは、瀋陽駅から北東に10kmほど行った場所である。上図の①のちょっと上に緑の領域が見えるが、ここは九・一八歴史博物館の敷地で、柳条湖事件をテーマとした中国の屈辱を中共の視点から保管・展示してある。

以下の記述によると、北は九・一八歴史博物館、南は、新开河、東は望花街、西は北塔街までのエリアを指すということなので、これに従うと赤で囲った領域ということになる。

柳条湖地区有多大?一直在这里居住、如今已经67岁的李先生告诉记者:最北可到“九一八纪念馆”一带,南到新开河;东到望花街,西到北塔街。按照老人的说法,以前的柳条湖地区比这个范围还要大。作者:ANTIBili_MC
https://www.bilibili.com/read/cv338223
出处: bilibili

2.柳条湖という湖は存在しない

いろいろ調べてみたのだが、柳条湖という名前の湖は現在存在しない。地図の中の北塔公园内に池のようなものが見えるが、これは、北塔湖と呼ばれているようだ。

3.柳条湖という名前がついた理由

湖がないのになぜ柳条「湖」と呼ばれるようになったのか?以下に記述がある。

清朝初期的时候,在沈阳旧城的东北部有一个天然的大水池,水池里生长莲花。每到应季,莲花盛开,芳香飘逸,信步四周,花香仙境。盛京八景平添一处景致“花泊观莲”。当时这个荒郊之地几乎没有人居住,甚至没有名称作为记号。随着来这里观赏游玩的人越来越多,人们便以这个形状犹如柳树枝的湖水命名此地为“柳条湖”。 到了1877年,为了灌溉农田,清朝开始在沈阳兴修水利。在整个沈阳城北部开凿水渠,引浑河水用以灌溉,这条水渠就是现在环绕沈阳的新开河。这条水渠修成后,柳条湖里的水消失。但是,柳条湖的名字被保留了下来。作者:ANTIBili_MC
https://www.bilibili.com/read/cv338223
出处: bilibili

意訳すると以下のようになる。

清朝初期、瀋陽の当該地域には、天然の大きな池があった。池は自然が豊かで四季に応じて蓮などの花で人々の目を楽しませていた。当時その地域には住む人がおらず、特に地域に対して名前がついていなかった。風光明媚な大池の噂を聞きつけて、遊びに来る人が増えてくると、柳の枝のような湖の形状に由来し、「柳条湖」と呼び始めた。1877年灌漑のため、清朝政府は水利工事を始めた。このときの水路が現在の新開河である。これに伴い、柳条湖の水は消失してしまった。

「柳の枝のような形の湖」について、当時の地図でもあればよいのだが、これは見つけられていない。