1991年の屋敷棋聖へのインタビュー

1991年の屋敷棋聖へのインタビュー。

コンピュータ将棋が発展した今の状況と比べてみてほしい。

奨励会はとても短かったようですが(2年10ヵ月)どんな将棋でした。

「ほとんど矢倉でしたね。でも序盤の強い人に当たると吹っ飛んでました。ボクの奨励会のころはけっこう序盤が甘くても腕力で勝てる感じでしたが、今の奨励会は、よりプロっぽくなって、辛い時代のようです」

今の若手の将棋を見ていると、ポイントを少しずつ稼いでいくタイプが多いみたいね。

「ええ、逆転を狙う人にとってはキツイ時代ですよね。少しずつ離してそのままゴールに入るというような・・・」

 

屋敷伸之棋聖(当時)「お化け屋敷と呼ばれて」

プロ棋士は「AIに奪われる職業 No.1」か?

僕の意見を書いておきます。

論点としては、コンピュータより弱いプロ棋士の存在価値を疑っているということだと思うんだけど、僕はまだまだ存在価値は残っていると考える。

理由は2つ。一つは解説者としての役割だ。コンピュータ将棋がもたらした一つの大きな変革として「評価値」の誕生があげられる。近年はインターネットを通じて各種棋戦の生中継が行われることが多くなったが、この評価値が生まれたことによって、将棋のドラマチック性が大きく増して、より魅力的になったと感じる。

評価値のなかった時代は、解説者の漠然とした優劣判断だけが一般視聴者の将棋観戦における拠り所だったわけだが、現在の局面を定量的に評価できる評価値が画面上に表示されるようになってくると、一般視聴者は評価値の上下によりつぶさに優劣を判断できるようになった。評価値の急転直下により、大逆転なんかが起ころうものなら、インターネット中継のコメントには悲鳴があふれかえる。

評価値は将棋をドラマチックにしたと申し上げたが、評価値だけあればよいというものでもない。評価値によって生まれた一喜一憂を視聴者とともに共有・共感してくれる解説者が必要だ。その解説者は、将棋素人では当然だめで、コンピュータの予想手や評価の判断基準を低級者でもわかるようにわかり易く解説できなくてはならない。この役割の担い手としてはプロ棋士が最適だろう。

私は熟練のプロ棋士がコンピュータの予想手を見て、これは人間には指せないねぇー、とか、なんとそんな手がありますか!というように驚嘆する場面をみると一気にテンションがあがる。一生懸命頭を捻って考慮している手番の棋士の頭のなかにその手が見えているのか、私は想像する。もしコンピュータの最善手を指すようなら拍手が起こるし、とんでもない悪手を指してしまえば悲鳴の嵐だ。どちらにしてもプロ棋士が解説者として存在していてくれるからこそ、視聴者はリアルタイムで感動を共感できる。

プロ棋士のもう一つの存在価値。それは、タレント性だ。これもインターネットによる将棋放送充実に起因しているが、プロ棋士の指す将棋の内容だけではなく、人柄やキャラクターが際立つようになってきている。これが将棋観戦をさらに面白くしていると感じる。昔は棋士が何のお菓子を食べるかなんて興味がなかったし、昼食に何を選択するかなんてどっちでも良かった。仲のいい棋士同士からでてくる何気ないエピソードや、生中継中の雑談、ネタや特技の披露、師弟関係にある棋士の会話のぎこちなさ等々、将棋の内容以外のコンテンツでも十分に楽しい。

最近ではフットサルや、人狼ゲームなど、将棋とは全然関係ないコンテンツにもプロ棋士が「タレント」として参加するようになっってきた。若くて美人の女流棋士の中には、CMや雑誌で取り上げられている人もいる。プロ棋士がタレント性を持った今、棋士という職業はしばらくは安泰といってもよいだろう。

もちろん、無名の若手、キャラクターが確立されていない影の薄い棋士にとっては、風通しが悪いところもあるだろう。彼らがAIに職を奪われないようにするためにも、将棋連盟は、将棋人口の拡大、特にグローバル展開と女性ファンの拡充にもっともっと力をいれてほしい。1ファンとしてお願い申しあげたい。

人間に勝つコンピュータ将棋の作り方
瀧澤 武信 松原 仁 古作 登 橋本 剛 小谷 善行 鶴岡 慶雅 山下 宏 金子 知適 保木 邦仁 伊藤 毅志 竹内 章 篠田 正人
技術評論社
売り上げランキング: 148,037

電王戦ソフト開発者の指向についての分析

今回の電王戦をみて思ったのだが、開発者の目指しているベクトルが全く別向きですね。

ベクトルというのは、ソフト開発における態度、夢、勝ち負けのこだわりとかいろいろなものを含みます。今回のPVである電王戦への道も含めてすべて見てきた私の意見をちょっとまとめてみます。

平岡氏(Apery)
貸出反対派。勝負へのこだわりは強い。ソフトに対する思い入れが強く、開発者自身による投了を選択しないなど、求道精神は強い。巨勢さんの投了についても一定の理解を示している。一方、ソフトをオープンソース化するなど、意外な一面を見せる。

西海枝氏(Selene)
貸出については中立派。勝率にこだわらず、定跡をランダムに選択するなど、勝ち負けについてはそれほどこだわっておらず、達観している雰囲気。自らの興味、技術力の向上のためにソフトを開発。方向性としては磯崎氏に近い。

磯崎氏(やねうら王)
貸出賛成派。趣味でソフトを開発。1年で2週間しか時間をとらない。人間がいかに末永く楽しめるソフトを作るのか、ランダム性をいかに組み込み、ハメ手にはまらないようにするのかがこれからの研究課題。

山本氏(ponanza)
ソフトの強さに絶対の自信を持つ。昔は貸出否定派だったが、現在は容認派。羽生さん以外の人間との戦いには興味が無いようだ。「病的な負けず嫌い」

巨勢氏(AWAKE)
貸出については中立派。元奨励会員。人間の棋力の向上にいかにソフトが向上できるか、というところに強い執着心を持っており、純粋に正々堂々戦う将棋道を追求している。勝ち負けにはこだわっていない。

これを、勝利へのこだわりと求道精神という2つの軸で分類して図示すると以下のようになるかと思います。

Screen Shot 2015-04-12 at 11.30.21

僕は、将棋界と格闘技界を対比することが多いんですが、かつて格闘技界がそうだったように、なんでもあり、バーリ・トゥードで単純に強いものが正義、という世界に一旦到達してしまうと、あとはベクトルの方向性の違いにより、ゆるやかに分岐が始まっていくものと見ています。

どちらかが生き残る、どちらかが死ぬという世界ではなく、レギュレーションによって明確化された線引の中で、両者がうまく共存する、双方の領域を脅かさない形で進化していくと思います。

私は、かつてのKー1やプライドのように、電王戦も縮小路線に向かう気がしています(建前上はFINALですが)。かつ、ガチではなく、どんどんエンタメ方向、お客さんに楽しんでもらう攻防が繰り広げられる方向性に向かうでしょう。

もちろん、ガチはガチで生き残ります。こちらは、COM VS COMの世界に道を切り開くしかないと思います。

もう少し考えがまとまったら、またブログ起こします。

ルポ 電王戦―人間 vs. コンピュータの真実 (NHK出版新書 436)
松本 博文
NHK出版
売り上げランキング: 55,545

PC遠隔操作事件の真犯人は将棋ファン

現時点では、真犯人が誰かわからないが、間違いなく将棋ファン(将棋通)だ。理由は以下。

1.真犯人からメディアへのメールに、「あ。真犯人です
→森内竜王名人の「あ、負けました」

2.犯人が送りつけてきたパズルに「将棋世界」という将棋雑誌に掲載された詰め将棋問題が転載されていた
→http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1363385796/979

3.真犯人からのメールの差出元がonigoroshijuzo2014@yahoo.co.jp
→鬼殺しは将棋の奇襲戦法の一つ

第3回電王戦に物申す!

つまらんのだよ。正直言って。

第3回電王戦の詳細が決まってから久しいが、将棋連盟に対しては「この腰抜けが!!」と声を大にしていいたい。

何が統一ハードウェアの使用だ?何がソフトウェア事前提供、ソフトウェアバージョンの固定だ?ふざけるな。そんな条件で人間が勝ったところでだれが喜ぶだろう。はっきり言って興ざめはなはだしい。

数百台のクラスタに最適化された最強将棋ソフトウェアに人間の脳が打ち勝ってこそ最高の盛り上がりが期待できることを想像できないのだろうか。もしその瞬間に立ち会えたなら、、、考えただけで興奮で夜も眠れない。日本中が大騒ぎになることだろう。

羽生や渡辺が最強と呼ばれるうちに最強ガチ対決を実現してほしい。ドワンゴさん、谷川さん、マジで頼む。

そのためには、第3回は人間側全勝、最低でも4勝は至上命題である。どんな姑息な手段でもいいから勝ちにこだわって対策してほしい。

最強を狙うことに意味があるんだよ。わかってくれよ。

第三回電王戦は開催されないかも

現代ビジネスの「人間対コンピュータ将棋」頂上決戦の真実【後編】 一手も悪手を指さなかった三浦八段は、なぜ敗れたのか」を読んだ。今まで読んだ中で一番深く取材されており、洞察ももっとも突っ込んだものとなっており、正直衝撃だった。

僕は電王戦の始まる前に、以下のように書いた。

結果を率直に申し上げよう。GPS VS 三浦八段の期待勝率はGPS側から見て86%~91%である。逆に言うと三浦八段の勝てる確率は10%程度しかないということだ。しかもこれはGPS fishの推定レーティングである。本番マシンがこれよりどのくらい強いのかわからないが、勝ち目は実はほとんどないんじゃないだろうか。計算していて恐ろしくなった。(GPSの推定レーティングとプロ棋士の勝ち目 – Tsurezure Pentatonic

対して三浦八段は以下のように語っている。

それにしても、強いだろうとは予想していましたが、まさかこれほど強いとは思っていませんでした。戦う前に私は、この勝負には未知数の不安要素が4つあると見ていました。

 1つめは、対局の前にもお話ししたように有望な若手が18連敗したGPSの強さとは、基本的にどれほどのものなのかということ。しかも、それは1年前のバージョンです。

 2つめは、GPSがその後、どれだけ進歩しているのかということ。最新バージョンも提供されていて、強くなったとは思いましたが、どれほどの進歩かは把握しきれていませんでした。

 3つめは、670台をつなげることでどれだけ強くなるのかということ。

 そして4つめは、この勝負への開発陣の意気込みがどれほどのものかということでした。

 もし、これらの要素がすべて自分にとって最悪の予想どおりになったときは、私の勝算は5%だろうと思っていました。でもまさか、それはないだろうと。

 逆に、もしすべてが杞憂であれば、50%はあると思いました。自分の勝算は、そのくらいの幅だと考えていました。

 そしていま、冷静になって振り返ってみると、4つの不安はすべて当たっていました。つまり、私の勝算は5%しかなかったんです。

 でも、もしかしたら最悪の予想すら超えていた可能性もあります。何しろ悪手を指していないので、底が見えないんです。

 あれでさえ、どのくらいの力を出しているのか。まだどのくらいの力があるのか。想像がつかないというのが正直なところです(「人間対コンピュータ将棋」頂上決戦の真実【後編】 一手も悪手を指さなかった三浦八段は、なぜ敗れたのか文/山岸浩史

僕は、いろんな糸のような手がかりを手繰り集めて思い切った極論を書いたつもりだったが、三浦八段もまったく同じ感覚を持っていた。むしろ僕よりももっと悲観的だった可能性もある。

その絶望のなか一人で戦っていたとしたらその胸中たるや察するに余りある。

Continue reading

GPSの推定レーティングとプロ棋士の勝ち目

タイミング的に、考えをまとめとかないといけないだろう。

ニコ生のGPSに勝ったら100万円企画の結果は、GPSから見て105勝3敗だったらしいが、GPSのバージョンアップ後は70勝1敗だったとのこと。

以下のコメントからすると、バージョンアップ前と後ではかなりの実力差があるようなので、GPS fishとしての本来の強さを示すサンプルとしては後者を採用すべきだろう。(それほど大差ない数字だが)

まずは盛大なお詫びから。
自分が使っていたGPSのバージョンはfish0.2.1ではなく、r2749Mでした。
昨日(3月2日)fishの最新バージョンが公開され、いまインストールして気づきました。
自分よりはるかに強い強豪諸氏がほとんど勝てないのに、自分が家で指すと指し分け近い成績なのは何だかおかしいな、PCのスペックでそんなに力が違うのかしら、と思っていたら、そういうことでしたか・・・。
いやほんと、ごめんなさい。
松本博文ブログ–http://mtmt-blog.com/?p=4795

これはどういうことか?70勝1敗というと勝率は脅威の9割8分越えだ。怖い、怖すぎる。アマ側が清水上氏をはじめ、トップレベルのガチ勢で挑んだことを考えると、並みのプロレベルは完全に超えているといわざるを得ない。

仮に羽生、渡辺というトップ棋士がフルコンディションで71試合同じ対戦を行ったとして、70勝できるかというとかなり疑問がある。ここでは、試論としてGPS fishの強さの数値化を試みてみたい。

Continue reading

컴퓨터 장기의 다른 즐거움

겨울다운 쓸쓸한 날.

번클라아즈의 주목해야 할 전왕전의 평가값이 밝혀졌다. http://aleag.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-869d.html

이것을 보면 82-83째수(△4四각-▲7六졸)에서 선수(번클라아즈)의 평가값이 갑자기 올라가 있다. 이것은 와타나베 2관의 해설과 꽤 가깝다. 놀랍게도 현재 인류 최강의 남자의 견해하고 컴퓨터의 국면의 평가가 일치 했다라는 것이다.

이것을 보면 요내나가 영세기성(永世棋聖)도 도중까지는 잘 해 있었다라는 것을 알 수 있다. 컴퓨터의 생각을 보는 것도 정말 재미있다.

トップ棋士レベルまで来ているボンクラーズに米長永世棋聖の勝ち目はなし

来年1月に米長永世棋聖と対戦するボンクラーズはプロと比べてどのくらいの強さなのか検討してみたい。

1.ボンクラーズのトップアマに対する勝率

まず、ボンクラーズはトップアマに対してどのくらいの対戦成績を持っているのか?

http://blog.livedoor.jp/i2chmeijin/archives/1176009.htmlによると、24での月間成績 11月 (対戦相手のR別) は以下のとおりだ。

sass

トップアマの基準をどうおくかだが、24のレーティングが2900もあればトップレベルと考えてよいだろう。これはざっくりと。サンプル数も十分だろう。

上記の表からR2900以上の人に対する対戦成績は、約87.3%であることが算出できる。

2.トップアマのプロ棋士対戦におけるレーティング

棋士ランキング(http://homepage3.nifty.com/kishi/ranking2.html)より、現時点でのアマチュア(=トップアマとしてよいだろう)のレーティングは、1385であることがわかる。

3.ボンクラーズのプロ棋士中におけるレーティング

レート差に基づく期待勝率とレート増減の早見表 より、レート上位者の勝率が87%となっているところを見てみると、レート差は323~338であることがわかる。

トップアマのレーティングが1385なので、このレート差を加えてみるとボンクラーズのプロ棋士中におけるレーティングは、1708~1723程度であることが推測できる。

4.どのくらいの強さか

この1708~1723というレーティングがどのくらいの強さかというと、現時点でプロトップの17,8位に相当する実力である。現在の名人である森内さんよりもレーティングは高く、感覚的には「めちゃめちゃ強い」レベルと考えて問題ないだろう。

現在レーティングトップの渡辺二冠はR1913なので、その差は175~190である。レート差に基づく期待勝率とレート増減の早見表 より、渡辺二冠に対する期待勝率は75%程度なので、4回やって1回勝てるぐらいの強さは持っているんじゃないだろうか。ちなみに今年の竜王戦では渡辺竜王が丸山九段を4-1で退けて防衛している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Bonanzaによると、「渡辺自身も「10秒将棋[3]だと10回に1、2回はやられる」と告白した[4]。」そうだ。(確か本人のブログにその記述があったように覚えているが、今は見当たらない。)その記事は2005年のものなので、6年もたった今、相当コンピュータの実力は上がっているだろう。

結論:コンピュータ将棋はトップ棋士レベルまで来ている。現役を退いて久しい米長さんが勝てるわけがない。

【前提】
・将棋倶楽部24のレーティングと、http://homepage3.nifty.com/kishi/index.htmlに公開されているレーティング基準が同一のものとする。

【参考】
・ 24感想とか にてボンクラーズの開発者は、「プロとの比較という面では、24をやる前は(データ不十分のため断言はできないながら、推定するなら)プロ棋士の中位か下位相当くらいかな、と予想してました。ですが今は、上方修正せざるを得ないですね。24の結果を見るかぎり、並のプロは越えてる気がします。トッププロ(タイトルホルダークラス)と比べてどうか?は何とも言えないですが。トッププロも越えてる、という見方もネットではあるようですが、まあ対局してみないとわからないですか。」と述べている。

【追記】
米長さんのさわやか日記によると、ボンクラーズとの練習対戦において、対戦成績は悪いものの勝つこともあるらしい。おそらく、マシンスペックの問題だと思うが、本番の構成ではプレマッチと同様の惨敗となると思い切って予想する。

예비 시합이라고는 해도 전 명인이 이렇게 간단하게 지다니

오늘은 좀 춥지만 아직 참을 수 있다.

어제 컴퓨터 장기 소프트와 요네나가 전 명인이 대전했다. 이것은 내년 1월에 개최될 전왕전(電王戦)의 예비 시합이다.

예비 시합을 할 이유는 아마 이것하고 같은 사람대 컴퓨터의 본격적인 대전이 거의 처음의 시도이기 때문일 것이다. 회장이나 진행의 확인을 했을 것으로 추측된다.

저는 이 시합에 전부터 주목해 있었는데 어제는 컴퓨터가 압승했다. 다음 달은 명인이 대책을 세워서 좋은 시합을 해주시기를 기대하고 있다.