高山病で死にかけた話

先週末四川省の黄龙风景区に行ってきたのだが、高山病で死にかけるという経験をしたのでメモしておく。

成都を経由して、九黃空港に入る。その日は、川主寺に宿泊した。

宿泊地を川主寺にしたのは、少しでも標高を低くして高山病のリスクを下げるためである。川主寺は標高2980メートル、黄龙の近くは3100メートルぐらいである。以前富士山(3776m)とクスコ(3200m)、チチカカ湖(3900m)でいずれも高山病で苦しんだ経験を持っているので、せめて寝るときだけでも標高が低いところに行っておけば少しは楽だろうという算段からである。

ついた日から少し異変はあった。とにかく寒いのである。暖房を入れて、布団をかぶっていれば大体の寒さには耐えられそうだが、もう一枚掛け布団を増やしたり、電気カーペットをONにしたりと、色々工夫した。幸いなことに、以前の高山病で経験したような、頸動脈を踏みつけられたような頭のズキズキ感はなく、十分な睡眠をとることが出来た。

翌日、朝7時半にホテルを出発。8時過ぎに黄龙の入り口に到着した。ここで問題が発生。開門時間を間違えていて、9時過ぎになるまでチケット売り場が開かないということがわかった。1時間ほど待てばいいだけの話だが、この季節外は寒く、おそらく0度ぐらいの場所で、じっと待たなければいけないというのは、本当に辛い。

誰もいないし、店も空いていない中、待つこと1時間強、ようやくチケットを買って、入山できた。黄龙で到達できる最高点は五彩池と呼ばれる場所で標高は3900メートル。つまり、800メートルぐらいの標高差である。これを3時間ぐらいかけて上り、1時間ぐらいかけて下りた。

この時点で疲労がかなりあり、タクシーで直にホテルへ帰った。食欲もなく、ランチも取らなかった。そのまま寝ても良かったが、ベッドメーキングが終わっておらず(不幸なことに、最上階の端の部屋であったため、順番が最後だったようだ)、1時間後ぐらいにまた外出し、徒歩で川主寺を観光した。

川主寺は正直言って特に見どころもなく疲れただけだった。近くの食堂で麺をすすった後、ホテルにもどり、速攻ベッドへ倒れ込んだ。ここからが地獄であった。

まずは悪寒。布団の中はまだましだが、布団から外に出ると凍えるようだった。次に鼻水。とめどなく透明の鼻水が出てくる。夜中になると息切れがひどくなった。常に走ったあとのようにハァハァ言って、寝るどころではない。意識ははっきりとしていて、頭痛があるわけじゃなかったが、とにかく苦しくてこのまま死ぬんじゃないかと思った。それから頻尿。あとなぜかわからないがおならが何回も出るという症状になった。

地獄の苦しさに耐えること13、4時間。本当に一睡もできないまま朝が来て、朝食の時間となった。食欲はなく、なんとか水分とおかゆとゆで卵を放り込む。その後、また部屋に戻り、11時頃までベッドに横になっていた。

11時半にチェックアウトし、空港へ。空港は標高3447メートル。若干辛さはあるが、このときから症状が緩和してきた。飛行機で成都についたら、息苦しさは全くなくなっていて、風邪の症状だけが残っていた。

あとで調べたら、悪寒と息切れは中度の高山病とのこと。本当は標高を下げるなり、薬をのむなりしないといけないらしい。あとおならがでるのも高山病の症状の一つとのこと。

Advertisements

アパホテルとBooking.comで失敗した話

先月、東京に戻ったときに、神保町のアパホテルに宿泊をした。いろんなサイトを調べて一番安かったBooking.comにしたのだが、ちょっとトラブったのでメモ。

予約したときには、以下のように画面に表示されていて、納得して予約したのだが、、、

1 シングルルーム 禁煙
8 % の消費税/VAT 込
合計料金 ¥9,091

実際に行って精算してみると10,000円という額を示されてぎょっとした。フロントの人にも調べてもらったのだが、たしかに10000円で予約が入っているとのこと。

フロントの人が調べている途中で気づいたのだが、差額が909円、、つまり、合計料金の10%。ん?もしかして、、と思って予約メールの下の記述を見たところ、以下の記述が。

アパホテル 神田神保町駅東での現地払いです
事前承認:宿泊施設は、クレジットカードの有効性確認および予約保証のため、到着前に所定額を一時的に確保する権利を有します。
10 % のサービス料 別
注意:こちらの料金合計には、追加オプション(エキストラベッドなど)の料金は含まれていません。
上記の料金には税金やサービス料は含まれていません。また、Booking.comでは予約手数料などの料金は請求していません。

かんたんな話で注意書きはよく読みましょう、というお話でした。

 

ロンドンの公園で詐欺に遭いかけていた

なにげにネットサーフィンをしていて以下のブログに辿り着いた。

http://blogs.yahoo.co.jp/cookietoyboy/32227191.html

なんと。全く同じシチュエーション。場所は公園で、相手はブラジル人のおっちゃんだし、ブラジルの紙幣を見せられて、日本の紙幣を見せるところまでは全く同じ。5000円を出して、別のやつを見たいって言われたけど、それ以外の紙幣は持っていなかった。

多分無事に返してもらったと思うけど、正確に覚えてないなあ。

今考えると、お金を見たいって不自然だけど、その時は会話の流れで全く不自然さがなかったし、会話が終わって別れたあとも、ああ、いいおっちゃんだな、現地で良い交流が出来たな、といい思い出しか残っていなかった。

そういえば、5000円の樋口一葉を見て、これは誰と聞かれたけどうまく答えられなかった。改めて調べたら小説家なのでnovelistかfiction writer とでも言っとけばよかったのか。英語の勉強にはなったな。

何事も経験。向こうから声をかけてくる奴は要注意ということ。

新疆メモ

  • 漢族、回族、ウイグル族等の民族が入り乱れた世界。
  • ウルムチ
    • はっきり言って大都会。十分な広さの道路が整備されており、バスが網の目のように市内をカバーしている。どれだけ乗っても1元。
    • 深夜になっても活気がある繁華街。ネオンが鮮やかだ。
    • いたるところにホテルがある。しかも結構大規模なものだ。中国国内からの観光客が多いとのこと。日本人はほとんど見かけなかったけど、韓国人はちらほら。欧米から来ている人たちもそこそこいる。
    • 飛行機の搭乗口が他の国内移動とは別のようで、きびしめのセキュリティチェックを受けた。
    • 市内は夜でも安全に思えた。公安の車がいろんなところに止まっているが、中をのぞいてみたら結構暇そうにしていた。それでもホテルのフロントやお店の入り口にはセキュリティが常に待機している感じだった。
  • トルファン
    • こじんまりとした町。アクセスは悪いが、観光客は多い。
    • 暑い。日差しが強烈。7月に行かなくてよかった。
    • ウルムチ→トルファンの途中でセキュリティチェックを受けた。帰りは何もなし。幹線道路はしっかりと整備されており、ごみが散乱しているとか、タイヤが落ちているとかいうこともなくメンテナンスが行き届いている。オービス的なものも見つけた。
  • その他
    • 街中や空港などところかまわず痰を吐いている人が多い。
    • 比較的穏やかな人が多いと感じた。みやげ物のセールスもあっさりしている。
    • 尖閣問題はトップニュースで扱っていた。「非法調査」とのこと。
    • 建築ブームといっていいのか、いたるところで建築途中の建物があった。新幹線や高速道路も建築中で、近い将来はさらに国内アクセスが容易になるだろう。
    • 他の国に比べて日本車は少ないような気がしたが、みんな総じていい車に乗っている。
    • 久々に開け口を取りきってしまうタイプの缶コーヒーを飲んだ。

This slideshow requires JavaScript.

자카르타 공항 갈 때에는 주의가 필요함

흐려 있다.

지난 주에 인도네시아에 여행하러 갔다. 시간이 없어서 2박 밖에 하지 않았다. 주로 투어로 시원이나 유적을 보러 갔어서 특별한 문제는 생기지 않았다.

하지만 처음에 비행기로 도착된 자카르타 국제 공항에서 포터에게 터무니없는 칩(1000엔)을 요구되었더니 환율도 몰라서 그데로 치러 말았다. 그후, 자못 수상한 남자의 말대로 예약했던 호텔에 안내해 주었더니, 근처이었는데 3200엔이나 요구되었다. 최종적으로 2500엔으로 해 주었지만, 일반 택시의 요금 보다 상당히 바가지 씌워진 것 같다.

자카르타 이외의 공항은 그런 것이 없었다.

아라스카에서 본 만월

도쿄에서 벚꽃이 피었단다.  벌써 그런 계절인가? 

아라스카 여행 이야기를 좀 하겠다.  이번에는 Northern Sky Lodge라고 하는 로지에 숙박했는데 어때, 1박째의 밤은 숙박객이 제 한명밖에 없었다.  이 아라스카의 만월의 밤에 자신 이외 아무도 없이 하늘을 올려다보고 있다라는 것은 모험가?로 행복감을 느껴졌다.   (이 날은 달이 지구에 가장 다가온 날이라고 들었다.)

이 로지는 집안에서 오로라 관측을 할 수 있다는 점에 있어서 최고이었다.  밥도 맛있고 방도 깨끗했다. 하지만 인터넷 속도가 좀 느리는 것만 불만 이었다.

뭐 보다 재미있었는 것은 시드라고 하는 개와 논 것이었다.  이 개는 정말 붙임성이 있어서 심야 커피를 먹으려고 부엌에 갔을때도 일어나서 제 발 밑까지 와서 누웠다.  너무 귀여웠다…

PS. 이 번에는 만난 많은 사람에서 지진의 위로를 받았다.  지구가 맺어지고 있는 것을 느꼈다.

一匹の子羊

ちょうど一年前、サウジアラビアに行ったときの思い出がふとよぎった。
 
大きな天然の岩を削ってできた古代遺跡のマダイン・サレに行った後、いったんホテルに戻った。そうしていると、現地ガイドの男性がその近くの町出身で、両親が農場を経営しているので、ちょっとよっていかないか、という話になった。当然興味ありありなので、複数の車に分乗してその農場に行った。
 
土地柄、農場の規模も大きい。大きなナツメヤシが何本も整然と栽培されているのは本当にスケールのでかさを感じた。しかもちょっと行けば世界遺産がある場所だ。
 
そこでは、農作物だけでなく、羊も飼育していた。子羊だけが集められた飼育場(これも結構な広さだ)があり、その中に入れてくれた。飼育場といっても、小屋で飼育しているわけではなく、屋外で小さめの放牧をしている感じだ。
 
僕たちがそこに入ると、当然ながら子羊たちは柵の一番奥のほうにさがり、こちらをじっと凝視して警戒している。子羊は全部で100匹弱ぐらいいただろうか?やつらはみんなとにかく人間にびびっているようだった。ちょっとでも近くに行こうものなら、いっせいに逃げ出し、中には岩の上にまで無理してのぼり、バランスを崩しているやつもいた。
 
しばらくの間、人間が遠くから羊を観察する均衡状態が続いた。
 
 
 
そのうち、一匹の子羊が何のけなくひょこひょこと集団から抜け出して、こっちに向かってきた。黒い子羊だ。逆にこっちが驚いたんだけど、そいつは自分自身で僕らの真ん中にやってきた。人間は20人ぐらいいたけど、みんな(とくにおばさんがた)そいつのかわいさにやられてしまったんだ。手を出してなでても怖がる気配もなし、抱きかかえても問題ない。まあ、当然のことながら写真大会になった。
 
別の羊たちは相変わらず、一番奥のほうからその光景を眺めていた。
 
同じ飼い方をしていて、ここまで極端に性格に差が出るのはいまだに信じられない。あいつどうなったかなあ?
 
ホットカーペットカバー 子羊のような手触りラグ ベージュ 185×240cm  ホットカーペットカバー 子羊のような手触りラグ ベージュ 185×240cm 

none
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools